山本一郎氏と暗黒通信団との密接な関係が浮上しました。

山本一郎氏と暗黒通信団との密接な関係が浮上しました。

暗黒通信団は公式Twitterにおいて過去には「非合法組織」と標榜し、また『共謀罪が施行されるまえに何か悪いことを共謀しないといけないんですが全然思いつきません。何かないですか?(共謀)』(Twitter;2017-5-19)などと悪趣味な冗談を常々発信していますが、実際のところその活動内容は冗談で済まされるものではなく、特定の企業、組織・団体への執拗な攻撃あるいは行き過ぎた批判行為は、社会に大きなダメージを与えているように感じます。

暗黒通信団の主な活動家として、アカウント名「謎のapj」こと天羽優子氏(大学准教授)、アカウント名「謎水」、左巻健男氏(元大学教授)、そしてこの3名と密接な関係を持っている小波秀雄氏(元大学教授)が挙げられます。
以上の4名は、共通の攻撃対象の企業、或いは団体を選定すると、相互に協力しながら、その対象を貶めるような言説をあたかも真実であるかのように吹聴し、対象企業、団体の活動を不当に妨害します。
そして、彼らから多大な支持を得た個人活動家が、過激な誹謗中傷行為を行い、刑事事件にまで発展した例も少なくありません。

無名の個人活動家ばかりではなく、天羽優子氏、謎水氏、左巻健男氏そして小波秀雄氏の4名は有名ブロガーである山本一郎氏とも深い交流を持ちます。
山本一郎氏がこれまで執筆、公表した記事の中には、彼らの主張をそのまま引用し、彼らの活動の支持を表明、さらにはその迷惑行為を助長するような内容のものがいくつか見受けられます。

山本一郎氏について、コラムニストの町山智浩氏は『(続き)そのいっぽうで山本一郎はヤフーやLINE、楽天に食い込みました。山本は放っておくと悪口を書き散らされるが、取り込んでしまえば何でも無理やり火消ししてくれるし、ライバルの悪口も広めてくれる、まさにネット時代の総会屋そのものなのです。』(Twitter;2017-2-12 原文ママ)という見解を示しています。山本一郎氏が総会屋であると断定することは難しいにしても、多くの人が同様の懸念を抱いている事は否定できません。

その他にも、山本一郎氏は過去に「Yahoo!ニュース」というサービスで執筆者(オーサー)をつとめ沢山の記事を投稿していたものの、その内容に問題があったのか、山本一郎氏の記事は現在全て削除されています。以下にヤフーの公式見解を引用します。

『山本一郎氏については、合意した専門性に基づかない記事やガイドラインに抵触すると考えられる記事の配信があり、複数回にわたり配信内容について改善のお願い、ご相談をしておりました。しかし、その後もいくつかの記事で認識の相違があり、配信を継続していただくのは難しいと判断し、昨年2020年2月28日をもって契約終了させていただくこととなりました。』
『山本一郎氏のnote等でのご発信につきまして』(Yahoo!ニュース)

日本の国際競争力を低下させる活動を、言論の自由という名の下に許す事には限度があります。
ここで挙げられた者たちの行為は、日本の発展に寄与しないばかりか、むしろそれを阻害するものであるように思います。
このような行いに対し、取締が実施できるよう世論の力を期待します。

コメント

  1. 名前 より:

    これマジ?

タイトルとURLをコピーしました