「暗黒通信団」と周辺組織に関する考察

「暗黒通信団」と周辺組織に関する考察

「暗黒通信団」の裏組織と目される組織に「クロスオーバー (官民協働ネットワーク)」というのがあります。この組織は公にはその目的を「より良い社会の実現に向けて、官と民が協働するきっかけを創り出す触媒」としています。
しかしその実態は、行政中枢の霞が関のメンバーをリクルートし、国内の情報を大陸に送る事を目的とした組織なのではと我々は疑っています。

そして、地方議員が多く所属する「自治体議員立憲ネットワーク」という組織もまた「暗黒通信団」の影響下にあるのではと我々は懸念しています。自治体議員立憲ネットワークには暗黒通信団の団員の一人である朝倉幹晴氏が所属しています。

「暗黒通信団」が核となり、意図的に日本の世論を中国に有利に導くよう画策する中で、経済界ではネット総会屋のような人物を利用し、行政分野では「官民協働ネットワーク」、そして立法分野では「自治体議員立憲ネットワーク」を組織化している可能性はないでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました