ネット総会屋対策協議会

ネット総会屋対策協議会

デジタル社会の総会屋

現在の総会屋 現在はデジタル社会です。ありとあらゆる産業がデジタル化されています。企業の株式取引もオンラインで行われている関係から、ネット総会屋と呼ばれる人達も出てきました。同様に企業や商品に対する誹謗中傷行為も、新聞や雑誌などの紙...
ネット総会屋対策協議会

日本の公益を犯す「暗黒通信団」と「ネット総会屋」

    暗黒通信団は過去公式Twitterにて自らを「非合法組織」と謳っていましたが、これまで大陸と競合する技術、企業、団体に対し「ニセ科学」の汚名を着せ、執拗な迷惑行為を行い、その技術の発展の妨害や、企業活動そのものを邪魔してき...
ネット総会屋対策協議会

山本一郎氏と暗黒通信団が共闘

     山本一郎氏のジャーナリストとしての素養については、これまで何度か疑問を呈させて頂きました。2021年3月にはYahoo!JAPANから契約を打ち切られ、山本一郎氏の記事は現在Yahoo!ニュースにおいて全て削除されています...
ネット総会屋対策協議会

競合他社への営業妨害―暗躍する元大手ゼネコン社員M氏

元大手ゼネコン社員M氏に誹謗中傷活動を依頼したサブコン会社T社長 ことの発端は、ある新気鋭の建材系商品が西日本の某県で大規模に普及した事でした。競合となる地元の有力サブコン会社のT社長は、その新気鋭の商品の勢いに危機感を覚え自社のシ...
ネット総会屋対策協議会

「暗黒通信団」と周辺組織に関する考察

「暗黒通信団」と周辺組織に関する考察 「暗黒通信団」の裏組織と目される組織に「クロスオーバー (官民協働ネットワーク)」というのがあります。この組織は公にはその目的を「より良い社会の実現に向けて、官と民が協働するきっかけを創り出す触...
ネット総会屋対策協議会

当会の設立主旨

当会の設立主旨 企業に対するネット上でのTwitter、ブログなどSNSを利用した誹謗中傷、脅し、迷惑行為、デマ等でイメージダウン、営業妨害行為が増加しています。その大半の目的は、その行為を中止する代償を求めることにあり、昔から存在...
ネット総会屋対策協議会

トップ

はじめに 総会屋は反社会勢力として現在企業へのアプローチは警察機構等により、禁止、取締まりが実施されています。 近年のネット社会において、新たにSNSを使用したネット総会屋が出現してきました。 ネット上で特定の企...
タイトルとURLをコピーしました